検索ワード 指定なし 29件
ビデオライブ
平成30年度の診療報酬改定により、ますます注目が集まるPhysiology。本動画では松尾仁司氏がiFR、FFRの有効な活用法や詳細な使い方について解説を交え、PhysiologyガイドのPCIをお見せします。
講演
3Dイメージングが有効であったLM分岐部病変の症例をご紹介します。血管径のギャップが大きいLMでステントのサイズ決めは?Final KBT前のOCTでチェックしたいポイントは?OCTハイボリュームセンターから3DイメージングガイドのPCIを紹介します。 本動画はJBC@CVIT 2018より収録いたしました。
対談
後編では、本システムを応用した手技や限界、術者に求められる能力、今後の可能性などが語られます。ロボットPCIのCTO-PCIテクニックは日本が誇るCTO-PCIテクニックを超えるのでしょうか? 本番組は2018年12月に収録いたしました。
対談
本邦でも昨年承認され、4月に第1例目が施行されたロボット補助PCI。全米一の症例数を有する施設で術者として活躍された平井大士氏にシステムの操作方法やCTO-PCIにおける治療成績、術者の被曝量などを解説いただきました。 本番組は2018年12月に収録いたしました。
対談
医師 コメディカル限定
心原性ショック、左室機能低下を呈する多枝疾患の症例、活動性出血合併症例、超遅発性ステント血栓症症例…。救命できなかった症例と治療方針に難渋した症例をたどりなから、AMI-PCIの課題と、最新のデバイス選択、術中・術後の適切な管理について議論します。
講演
医師限定
演者 髙木 厚 氏 (埼玉県済生会川口総合病院) IVUSのスタックを防ぐためにやってはいけないワイヤ操作とは?IVUS、OFDI、NIRS-IVUSそれぞれの、イメージングコアの抜去方法も詳細に解説いただきました。 ※本動画は第8回豊橋ライブデモンストレーションコースより収録いたしました。
ビデオライブ
医師限定
多枝病変を有する患者の石灰化を含むLM分岐部病変に治療を行い、良好なアウトカムへと導いたマスターの治療戦略に注目ください。 ※本動画は第8回豊橋ライブデモンストレーションコースより収録いたしました。
講演
医師限定
演者 前川 裕一郎 氏 (浜松医科大学) 脱落したステントをバルーンの拡張により回収したものの、下行大動脈で再度脱落!自作スネアを用いて回収するベイルアウトをご覧ください。 ※本動画は第8回豊橋ライブデモンストレーションコースより収録いたしました。
講演
医師限定
演者
石原 昭三 氏 (耳原総合病院) 断裂部位が不明なロータワイヤを、他のガイドワイヤで絡めて回収した症例から、ワイヤ断裂の起こりやすい状況と回収時に注意しておくべきポイントを解説いただきました。 ※本動画は第8回豊橋ライブデモンストレーションコースより収録いたしました。
講演
医師限定
演者
上原 良樹 氏 (水戸ブレインハートセンター) LADのCTO病変に対し、レトログレードからのワイヤリングで穿孔を来した症例のベイルアウト法を紹介いただきました。穿孔時の止血方法、いくつ思い浮かびますか? ※本動画は第8回豊橋ライブデモンストレーションコースより収録いたしました。
ビデオライブ
医師限定
腎機能不良患者に対し造影剤フリーで治療するマスターの手技に注目です。LM入口部の石灰化病変に対し、0.035”のワイヤを利用し、ガイドカテの位置を目印にステントの位置決めを行ったテクニックが称賛されました。 ※本動画は第8回豊橋ライブデモンストレーションコースより収録いたしました。
ビデオライブ
医師限定
全国に先駆け、豊橋ライブで実施されたCHIP Liveを収録しました。3枝疾患を有する若年糖尿病患者に対する治療戦略に注目です。カリプリットは?石灰化に対するロータの有無は?世界ではこの症例をどのように治療するのか?日米のコメンテーターの意見にも注目です。 ※本動画は第8回豊橋ライブデモンストレーションコースより収録いたしました。
ビデオライブ
医師限定
70歳代女性のmid LADの高度石灰化病変。心不全傾向あり、ロータブレータの使用が適さない状況下でロータマスターが治療に挑みました。Burrサイズ、回転数、デバルキング後の治療戦略も必見です。 ※本動画は第8回豊橋ライブデモンストレーションコースより収録いたしました。
ビデオライブ
医師限定
50歳代男性の高度石灰化を伴うmid.LADのCTOに対するPCI。Masterのガイドワイヤの選択と巧みなテクニックをご覧ください。 ※本動画は第8回豊橋ライブデモンストレーションコースより収録いたしました。
ビデオライブ
医師限定
70歳代男性のLM分岐部病変。LMTに90-99%狭窄、LAD入口部に90%狭窄、中間部に50-75%狭窄、RCAにも中等度狭窄が認められました。IVUS所見より、デバルキング戦略が検討されました。デバルキング箇所は?何気圧かけるか?ステント留置前に土金氏がとったDCAを用いた治療戦略に注目です。 ※本動画は第8回豊橋ライブデモンストレーションコースより収録いたしました。