検索ワード 指定なし 34件
ビデオライブ
PCIについて勉強したい!というMRの皆さんにお届けするコンテンツ。PCIの手技の流れに沿って、各デバイスや造影像について解説します。手技の最初から最後までをわかりやすくまとめました。心臓の働きや虚血性心疾患のメカニズムなども確認できます!
講演
日本流至適アウトカムを追求した治療はここにあり!冠動脈分岐部病変の3D‐OCTはここまで進化しました。プロフェッショナルのこだわりの治療を解説します。こだわりは成績へとつながっているのでしょうか。 本動画はJBC@CVIT 2018より収録いたしました。
対談
主な改訂点を解説いただいた前後に続き、後編では、ルーチンなフォローアップCAG、ad hoc PCI、DAPT期間の短縮、DESの違いがDAPT期間に与える影響、スタチンや抗血栓薬を含めた薬物療法など、重要なポイントについてお話しいただきました。
講演
公正な立場からアンギオ装置の画質、線量、装置独自の性能、アームの操作性を比較検証しました。どちらの画像がどのメーカーのアンギオ装置の画像か判別できますか。Made in Japanはここまで進化した!
対談
2018年改訂版の「安定冠動脈疾患の血行再建ガイドライン」では、PCI、CABG の適正化、虚血ガイドの治療の推奨、最新のエビデンスを考慮した至適薬物療法などが含まれました。今回のガイドラインの改訂について、実臨床への影響という面から考えていきます。
ビデオライブ
平成30年度の診療報酬改定により、ますます注目が集まるPhysiology。本動画では松尾仁司氏がiFR、FFRの有効な活用法や詳細な使い方について解説を交え、PhysiologyガイドのPCIをお見せします。
講演
3Dイメージングが有効であったLM分岐部病変の症例をご紹介します。血管径のギャップが大きいLMでステントのサイズ決めは?Final KBT前のOCTでチェックしたいポイントは?OCTハイボリュームセンターから3DイメージングガイドのPCIを紹介します。 本動画はJBC@CVIT 2018より収録いたしました。
対談
後編では、本システムを応用した手技や限界、術者に求められる能力、今後の可能性などが語られます。ロボットPCIのCTO-PCIテクニックは日本が誇るCTO-PCIテクニックを超えるのでしょうか? 本番組は2018年12月に収録いたしました。
対談
本邦でも昨年承認され、4月に第1例目が施行されたロボット補助PCI。全米一の症例数を有する施設で術者として活躍された平井大士氏にシステムの操作方法やCTO-PCIにおける治療成績、術者の被曝量などを解説いただきました。 本番組は2018年12月に収録いたしました。
対談
医師 コメディカル限定
心原性ショック、左室機能低下を呈する多枝疾患の症例、活動性出血合併症例、超遅発性ステント血栓症症例…。救命できなかった症例と治療方針に難渋した症例をたどりなから、AMI-PCIの課題と、最新のデバイス選択、術中・術後の適切な管理について議論します。
講演
医師限定
演者 髙木 厚 氏 (埼玉県済生会川口総合病院) IVUSのスタックを防ぐためにやってはいけないワイヤ操作とは?IVUS、OFDI、NIRS-IVUSそれぞれの、イメージングコアの抜去方法も詳細に解説いただきました。 ※本動画は第8回豊橋ライブデモンストレーションコースより収録いたしました。
ビデオライブ
医師限定
多枝病変を有する患者の石灰化を含むLM分岐部病変に治療を行い、良好なアウトカムへと導いたマスターの治療戦略に注目ください。 ※本動画は第8回豊橋ライブデモンストレーションコースより収録いたしました。
講演
医師限定
演者 前川 裕一郎 氏 (浜松医科大学) 脱落したステントをバルーンの拡張により回収したものの、下行大動脈で再度脱落!自作スネアを用いて回収するベイルアウトをご覧ください。 ※本動画は第8回豊橋ライブデモンストレーションコースより収録いたしました。
講演
医師限定
演者
石原 昭三 氏 (耳原総合病院) 断裂部位が不明なロータワイヤを、他のガイドワイヤで絡めて回収した症例から、ワイヤ断裂の起こりやすい状況と回収時に注意しておくべきポイントを解説いただきました。 ※本動画は第8回豊橋ライブデモンストレーションコースより収録いたしました。
講演
医師限定
演者
上原 良樹 氏 (水戸ブレインハートセンター) LADのCTO病変に対し、レトログレードからのワイヤリングで穿孔を来した症例のベイルアウト法を紹介いただきました。穿孔時の止血方法、いくつ思い浮かびますか? ※本動画は第8回豊橋ライブデモンストレーションコースより収録いたしました。