検索ワード 指定なし 22件
講演
重症虚血肢(CLI)治療のゴールは長生きすること?CLI患者にフットケア外来に来てもらうにはどうすればよい?早期創傷治癒を目指したPlanned repeated EVTや予後悪化を回避するCLIに特化したリハビリテーションプログラムなど、自施設での取組みをもとに森之宮病院の川崎大三氏に語っていただきました。 本動画はCPAC 2018より収録いたしました。
講演
医師 コメディカル限定
SFA病変に対しDCBを使用するのかステントを留置するのか。そしてステントであればBNSなのかDESなのか。SFAのCTO病変へのステント留置後の内視鏡所見を検討しました。"ラスト4分"の3ヶ月後の大きな変化に注目してください。
講演
「カテだけして終わる時代ではなくなっています。」血行再建、創傷管理、歩行リハビリと、救肢診療に求められる3本柱が確立されずにEVTを始める循環器専門病院が増加する中、足病診療を行う病院に求められる診療構築について、形成外科医である菰田拓之氏が専門医の立場から語りました。
座談会
医師 コメディカル限定
薬剤コーティッドデバイスの使用頻度が高まる中、本動画ではSFA-EVTにおいて長期的開存を得るためにDESとDCBをどう使い分けるか、病変別のデバイスの選択についてエキスパートが議論しました。病理画像から適切な治療へと導きます。
座談会
医師 コメディカル限定
末梢血管内治療においてパクリタクセルデバイスの安全性に関する問題が日本の臨床にどのような影響を与えているのか、臨床現場の声に迫ります。デバイスの安全性と有効性を語っていただきました。
講演
PAD患者の早期発見につながるフットケアの必要性が高まる中、全国で「足病外来」を立ち上げる施設が増えています。本番組では、総合東京病院の滝村英幸氏が如何にしてゼロから「足病治療外来」を立上げ、症例数を増加させたかを解説いただきます。 本動画はCPAC 2018より収録いたしました。
講演
平野テクニカル教室のADVANCED編では、平野氏考案のテクニックの中から「HIRANO DOME」「HIP attack technique」「GACHON METHOD」「Ultra SOUL METHOD」について、実際の症例を交えて解説しています。 本動画はCPAC 2018より収録いたしました。
講演
公正な立場からアンギオ装置の画質、線量、装置独自の性能、アームの操作性を比較検証しました。どちらの画像がどのメーカーのアンギオ装置の画像か判別できますか。Made in Japanはここまで進化した!
講演
末梢動脈における狭窄の部位や長さなど解剖学的な観点からカテーテル治療の難易度を分けるTASC分類。その問題点に迫り、臨床医が考える基準を提示します。 本動画はCPAC 2018より収録いたしました。
講演
屈指のアイデアマンである平野敬典氏が、エコーガイド穿刺のコツやステント留置位置の決め方、ハンドパワーテクニックなど、様々なEVTのテクニックを解説します。ステントがシース内で留置されたときの対処法は? 本動画はCPAC 2018より収録いたしました。
講演
末梢動脈疾患領域で使用されるRutherford分類。Fontaine分類などとどのように使い分けていますか?臨床医の視点から、その使い分けと課題に迫ります。 本動画はCPAC 2018より収録いたしました。
講演
末梢動脈領域でよく耳にするWIfI分類。 これまで主流だった、診断する医師に依存した主観的な指標に対し、客観的な診断をするために現れたのがWIfI分類です。創傷、感染、虚血の状態を含めたこの分類を使用することは実臨床に何をもたらすのでしょうか? 本動画はCPAC 2018より収録いたしました。
講演
末梢動脈疾患の分類法をまとめた本企画の第1弾は、「Clinical Frailty Scaleと重症虚血肢の関連」です。実臨床におけるデータを元に解説いただきました。 本動画はCPAC 2018より収録いたしました。
ビデオライブ
医師限定
SFAの入口部が石灰化で閉塞し、行く手を阻まれたマスター。この難易度の高い病変に対する治療戦略が見所です。最終的にマスターが出した選択は? ※本動画はCPAC 2018より収録いたしました。
座談会
医師限定
下肢EVT領域に新たに登場するDESの担う役割は?日本人に対する効果は?そして効果の持続性は?下肢インターベンションの未来を4人のエキスパートが語りました。