検索ワード 指定なし 13件
講演
屈指のアイデアマンである平野敬典氏が、エコーガイド穿刺のコツやステント留置位置の決め方、ハンドパワーテクニックなど、様々なEVTのテクニックを解説します。ステントがシース内で留置されたときの対処法は? 本動画はCPAC 2018より収録いたしました。
講演
末梢動脈疾患領域で使用されるRutherford分類。Fontaine分類などとどのように使い分けていますか?臨床医の視点から、その使い分けと課題に迫ります。 本動画はCPAC 2018より収録いたしました。
講演
末梢動脈領域でよく耳にするWIfI分類。 これまで主流だった、診断する医師に依存した主観的な指標に対し、客観的な診断をするために現れたのがWIfI分類です。創傷、感染、虚血の状態を含めたこの分類を使用することは実臨床に何をもたらすのでしょうか? 本動画はCPAC 2018より収録いたしました。
講演
末梢動脈疾患の分類法をまとめた本企画の第1弾は、「Clinical Frailty Scaleと重症虚血肢の関連」です。実臨床におけるデータを元に解説いただきました。 本動画はCPAC 2018より収録いたしました。
ビデオライブ
医師限定
SFAの入口部が石灰化で閉塞し、行く手を阻まれたマスター。この難易度の高い病変に対する治療戦略が見所です。最終的にマスターが出した選択は? ※本動画はCPAC 2018より収録いたしました。
座談会
医師限定
下肢EVT領域に新たに登場するDESの担う役割は?日本人に対する効果は?そして効果の持続性は?下肢インターベンションの未来を4人のエキスパートが語りました。
ビデオライブ
医師限定
DCBを前提とするアンダーサイズの仕上がりによりリコイルの影響が再狭窄を誘発する懸念と、DCBの薬剤効果がリコイルに勝り抗再狭窄効果がより大きいと考える意見がぶつかります。治療選択とその仕上がりは? ※本動画は第8回豊橋ライブデモンストレーションコースより収録いたしました。
対談
医師限定
世界が注目したJapanese techniqueの真髄はintimal angioplastyにあり、DCB、DES時代ではこのテクニックが開存率向上のチェックメイトになるかもしれません。CTO-EVTのtrueへのこだわりと、特殊デバイスを適正に使用した臨床成績とそのtips & tricksに迫りました。
ビデオライブ
医師限定
マスターの穿刺部位、シース、ワイヤ、マイクロカテの選択が長区域高度石灰化を伴う透析患者の右SFAの完全閉塞に対する治療を成功へと導きます。デバイスを変更するタイミング、そして、本家のBAD FORMテクニックに注目ください。 ※本動画は第8回豊橋ライブデモンストレーションコースより収録いたしました。
講演
医師限定
エコーガイドのSFAインターベンションを行いたいけれども、エコーを扱える技師さんが自施設にいない…そんな先生方に1人でエコーガイドのEVTを行う方法をご紹介します。
ビデオライブ
医師限定
SFA-EVTの新たなテクニックとし経静脈IVUSガイドEVTが同愛記念病院の高橋保裕氏により開発され、CPAC 2017でお披露目となりました。同氏が開発したRIKISHIを使ったテクニックにも注目ください。 本症例は、CPAC 2017より収録いたしました。
座談会
医師限定
SFA治療の成績向上のカギは“The Japanese Technique”にありました。いかにしてSFA-EVTで長期開存を実現するか?!3人のエキスパートが議論しました。
講演
医師限定
冠動脈病変とは異なり、下肢動脈領域における治療後の長期開存率は低く、有効なデバイスの開発に至っていないという見解が述べられます。病理像からその原因とこれから求められるデバイスについて考えていきます。