検索ワード 指定なし 30件
講演
医師・コメディカル限定
SFA治療におけるEluvia Drug-Eluting Stentについてのリアルワールドな成績と治療の現状についてを関西労災病院 飯田 修先生にご講演いただきました。
対談
SFA-EVTの治療戦略について適応、テクニック、そして、デバイスの選定について、本音を徹底的に議論していただきました。
DES?DCB?グラフトステント? MK3(森ノ宮・関西労災・小倉記念・岸和田徳洲会)のオペレーターらが個々の症例で選択した治療こそ真実でした。リアルMK3を、4回にわたりTCROSS NEWSで紹介します。
今回は第1弾として、岸和田徳洲会病院の藤原 昌彦先生に症例提示を通じてローリスクハイリターンの末梢血管治療を議論していただいております。
講演
時計台記念病院の浦澤一史氏によるテクニカル教室の第2弾。確実なdistal punctureのために浦澤氏が考案した穿刺針とは?表パンに適切な患肢と針、Cアームの角度や表パン、表膝パンのメリット、デメリットなどを実際の症例を提示して解説いたします。この違いがお判りでしょうか。 本動画はCPAC 2019より収録いたしました。
講演
コラテへのワイヤリングに適した症例は?使用するガイドワイヤやマイクロカテーテルの条件とは?EVTにおけるTrans-collateral wiringの極意を時計台記念病院の浦澤一史氏に解説いただきました。 本動画はCPAC 2019より収録いたしました。
講演
アクセスルートに悩むCTO-EVT症例において、閉塞部位に直接穿刺する新しいテクニックが開発されました。最適なニードルとガイドワイヤの組み合わせや次回のEVTに影響しない止血方法などを、森之宮病院の川﨑大三氏に解説いただきました。 本動画はCPAC 2019より収録いたしました。
講演
ハイリスク患者の診断と治療戦略を探る本シリーズ。Case 7は脚の強い痛みを訴える90歳代女性。左下肢のALIと診断され、SFA以遠には高度石灰化を伴う血栓閉塞が認められた。治療法、術後の薬物療法の選択と期間など、超高齢者ゆえに何を考慮すべきなのか、その戦略に迫る。 演者: 荒木 浩 氏(横須賀市立うわまち病院) ファシリテーター: 伊苅 裕二 氏(東海大学) ご意見番: 大川 育秀 氏(名古屋ハートセンター)、華岡 慶一 氏(華岡青洲記念 心臓血管クリニック) 本動画は第9回豊橋ライブデモンストレーションより収録いたしました。
講演
重症虚血肢(CLI)治療のゴールは長生きすること?CLI患者にフットケア外来に来てもらうにはどうすればよい?早期創傷治癒を目指したPlanned repeated EVTや予後悪化を回避するCLIに特化したリハビリテーションプログラムなど、自施設での取組みをもとに森之宮病院の川崎大三氏に語っていただきました。 本動画はCPAC 2018より収録いたしました。
講演
医師 コメディカル限定
SFA病変に対しDCBを使用するのかステントを留置するのか。そしてステントであればBNSなのかDESなのか。SFAのCTO病変へのステント留置後の内視鏡所見を検討しました。"ラスト4分"の3ヶ月後の大きな変化に注目してください。
講演
「カテだけして終わる時代ではなくなっています。」血行再建、創傷管理、歩行リハビリと、救肢診療に求められる3本柱が確立されずにEVTを始める循環器専門病院が増加する中、足病診療を行う病院に求められる診療構築について、形成外科医である菰田拓之氏が専門医の立場から語りました。
座談会
医師 コメディカル限定
薬剤コーティッドデバイスの使用頻度が高まる中、本動画ではSFA-EVTにおいて長期的開存を得るためにDESとDCBをどう使い分けるか、病変別のデバイスの選択についてエキスパートが議論しました。病理画像から適切な治療へと導きます。
座談会
医師 コメディカル限定
末梢血管内治療においてパクリタクセルデバイスの安全性に関する問題が日本の臨床にどのような影響を与えているのか、臨床現場の声に迫ります。デバイスの安全性と有効性を語っていただきました。
講演
PAD患者の早期発見につながるフットケアの必要性が高まる中、全国で「足病外来」を立ち上げる施設が増えています。本番組では、総合東京病院の滝村英幸氏が如何にしてゼロから「足病治療外来」を立上げ、症例数を増加させたかを解説いただきます。 本動画はCPAC 2018より収録いたしました。
講演
平野テクニカル教室のADVANCED編では、平野敬典氏考案のテクニックの中から「HIRANO DOME」「HIP attack technique」「GACHON METHOD」「Ultra SOUL METHOD」について、実際の症例を交えて解説しています。 本動画はCPAC 2018より収録いたしました。
講演
公正な立場からアンギオ装置の画質、線量、装置独自の性能、アームの操作性を比較検証しました。どちらの画像がどのメーカーのアンギオ装置の画像か判別できますか。Made in Japanはここまで進化した!
講演
末梢動脈における狭窄の部位や長さなど解剖学的な観点からカテーテル治療の難易度を分けるTASC分類。その問題点に迫り、臨床医が考える基準を提示します。 本動画はCPAC 2018より収録いたしました。