検索ワード 指定なし 43件
ビデオライブ
被ばく量が少なく、ワイヤが真腔を通りやすい体表面エコーガイド下でのEVTは術者と臨床工学技士らとのチームワークが鍵となります。
今回は、エコーガイドEVTの第一人者である平野 敬典氏に本手技が2回目のエコーガイドEVTである臨床工学技士と共に実践して頂きました。 演者: 豊橋ハートセンター 平野 敬典氏 動画はCPAC 2020より収録いたしました。
演者の所属先は発表時のものとなります。
Bailouters_DrKaneko
講演
EVTでのdistal embolismは小さくてもALIを引き起こし壊疽につながるリスクがあるため、予防が非常に重要です。
Distal embolismの起こりやすい症例の特徴や、病変部位別の予防方法、また、吸引や末梢保護デバイスなどを用いてベイルアウトした症例の経過や反省点などをご解説いただきました。 演者: 金子 喜仁 氏(春日部中央総合病院) 本動画はCPAC 2018より収録いたしました。
演者の所属先は発表時のものとなります。 ※本コンテンツは、医療機器、医薬品の適応外使用に該当する症例等が含まれていることがございますが、医療機器の適応外使用、適応外薬の使用を推奨するものではありません。
Boston
対談
大腿膝窩動脈に対する血管内治療は新しいステージを迎えました。
各種Finalized deviceのエビデンスが構築され、本邦において使用可能となった今だからこそ、「どのような時に」・「どのような病変を」・「どのような患者様に」・「なぜ使用するのか」、また「どのようにして治療すべきか」を重要視することが求められています。
今回は小倉記念病院 曽我芳光先生と森之宮病院 川﨑大三先生の対談により討議していただき、曽我先生には、新しいLow dose DCB "Ranger"の紹介と、東海大学医学部付属病院 鳥居翔先生にはDCBによる血管反応を病理の観点からご解説いただきました。
講演
「とりあえずEVTやっときましょう!→この考えは捨てましょう←」
足関節以下、膠原病、若年など、血管外科医がEVTの適応を疑う症例を紹介しながら、バイパスとEVTのメリット・デメリットを解説いただきました。 演者: 児玉 章朗 氏(名古屋大学大学院) 本動画はCPAC 2018より収録いたしました。
演者の所属先は発表時のものとなります。
講演
バルーンの過拡張やワイヤリングの位置が原因で起こる血管損傷。急激な血圧低下も引き起こし得る本合併症の原因とベイルアウト術を解説いただきました。 演者: 宇都宮 誠 氏(東邦大学医療センター大橋病院) 本動画はCPAC 2018より収録いたしました。
演者の所属先は発表時のものとなります。 ※本コンテンツは、医療機器、医薬品の適応外使用に該当する症例等が含まれていることがございますが、医療機器の適応外使用、適応外薬の使用を推奨するものではありません。
コメディカルライブ PART 4
ビデオライブ
放射線技師・臨床工学技士・カテ室看護師からなるハートチームに焦点を当てた豊橋ライブのコメディカルライブの収録動画です。Part 4ではEVTの指標として塞栓リスクの高い症例における治療の工夫について解説いただいています。 本動画は第8回豊橋ライブデモンストレーションより収録いたしました。
ビデオライブ
放射線技師・臨床工学技士・カテ室看護師からなるハートチームに焦点を当てた豊橋ライブのコメディカルライブの収録動画です。Part 3ではEVTの指標としてrSO2を用いた治療について解説いただいています。 本動画は第8回豊橋ライブデモンストレーションより収録いたしました。
座談会
MK3の4人のオペレーターらが自ら経験した症例を通じて真実を語る“This is Real”シリーズ第4弾。
今回は関西労災病院の飯田修氏に、右SFAのバイパス閉塞を繰り返すRutherfordクラス5で感染なしの透析患者など2症例を紹介いただきました。至適治療は、Native SFAの再疎通か、バイパスへの血管内治療か。4名のそれぞれの選択と理由とは?本症例から飯田氏が学んだ教訓とは?是非ご覧ください。
講演
BADFORMテクニックからNeedle Crackingテクニックまで、EVTに関する困難を打破する数々のスーパーテクニックを春日部中央総合病院の安藤弘先生にご講演いただきました。 本動画はCPAC 2019より収録いたしました。
講演
右第1/4指の潰瘍と強い疼痛を訴える10代前半の男児。膝下から末梢にかけて動脈のシュリンクと閉塞を認めたが、原因疾患は分からなかった。初期治療やEVTに難渋した本症例で症状を改善させた一手とは? 演者: 飛田 一樹 氏(湘南鎌倉総合病院) ファシリテーター: 佐田 政隆 氏(徳島大学) ご意見番: 上妻 謙 氏(帝京大学)、佐瀬 一洋 氏(順天堂大学) 本動画は第9回豊橋ライブデモンストレーションより収録いたしました。
座談会
MK3の4人のオペレーターらが自ら経験した症例を通じて真実を語る“This is Real”シリーズ第3弾。 今回は小倉記念病院の曽我 芳光先生に治療に悩ましい症例を複数ご準備いただき、どのようなストラテジーにて対処するかをご検討いただきました。4人のストラテジー、ファイナルデバイス選択とその理由は?是非ご覧ください。
座談会
MK3の4人のオペレーターらが自ら経験した症例を通じて真実を語る“This is Real”シリーズ第2弾、今回は高度石灰化病変に対する新たなテクニックとその可能性について迫りました。Viabahn? Supera? 或いは?EVTにおいて治療に難渋する高度石灰化病変への対処法を、ご覧ください。
講演
"Cannon Technique"をご存じでしょうか?日本でのEVTの臨床現場から生まれたこのテクニックが高度石灰化を伴う病変の新たな一手となるのか、その可能性に迫ります。 本動画はCPAC 2019より収録いたしました。
講演
医師・コメディカル限定
SFA治療におけるEluvia Drug-Eluting Stentについてのリアルワールドな成績と治療の現状についてを関西労災病院 飯田 修先生にご講演いただきました。
座談会
SFA-EVTの治療戦略について適応、テクニック、そして、デバイスの選定について、本音を徹底的に議論していただきました。
DES?DCB?グラフトステント? MK3(森ノ宮・関西労災・小倉記念・岸和田徳洲会)のオペレーターらが個々の症例で選択した治療こそ真実でした。リアルMK3を、4回にわたりTCROSS NEWSで紹介します。
今回は第1弾として、岸和田徳洲会病院の藤原 昌彦先生に症例提示を通じてローリスクハイリターンの末梢血管治療を議論していただいております。