検索ワード 指定なし 6件
対談
TAVI後のペースメーカ留置が長期予後にどのようなインパクトを与えるか知っていますか?本邦においても今後TAVIの適応が低リスク患者へ拡大されることを見据え、循環器内科医として知っておくべき長期予後のためのTAVIについて解説いただきました。
対談
留学から帰国された先生方に世界の“仕組み”を伺う本シリーズ第3弾は、世界に影響を及ぼす臨床研究を発信し続けるBern University Hospitalです。本施設の何がヒトを惹きつけ、デバイス(モノ)や資金(カネ)を集める好循環を生んでいるのか・・・トップを務めるStephan Windecker氏の人柄にも迫ります。
対談
ACSで搬送されてきた患者さんの大動脈弁にTAVI弁が!冠動脈の入口部がjailされている!TAVI症例数の増加により、そんな事態に遭遇する機会は今後増えると考えられます。カテーテル治療に携わる方々がAS患者さんを治療する際に知っておいてほしいことを、林田健太郎先生に解説いただきました。
ビデオライブ
医師限定
80歳代の重症大動脈弁狭窄症患者に対するTAVRに、外科、内科、コメディカルスタッフが一丸となって挑みます。直接大動脈アプローチによる手技をご覧ください。 ※本動画は第8回豊橋ライブデモンストレーションコースのビデオライブから収録いたしました。
講演
医師 コメディカル限定
僧帽弁閉鎖不全症(MR)に対する新たなカテーテル治療では、エコーが術野となります。経皮的僧帽弁接合不全修復システムを使用する際に術者がエコー画像上、理解すべきポイントを聖マリアンナ医科大学の出雲昌樹先生が解説します。 ※本動画は第8回豊橋ライブデモンストレーションコースより収録いたしました。
ビデオライブ
医師 コメディカル限定
僧帽弁閉鎖不全症(MR)に対する経皮的僧帽弁接合不全修復システムが日本でも利用可能となりました。手技の一連の流れを収録した本動画では、デバイスの準備、位置決めにおけるエコーの使い方などを解説いただきました。 ※本動画は第8回豊橋ライブデモンストレーションコースより収録いたしました。