検索ワード 指定なし 13件
講演
医師限定
PCIを受ける日本人患者さんには隠れ貧血が3割も潜んでおり、これらの患者さんは出血性合併症のリスクが高いことが明らかにされました。多施設レジストリーに登録された日本人13,000人のデータから見えた真実に迫ります。
対談
医師 コメディカル限定
AFを伴うPCI施行患者に対し、あなたはどう管理しますか?
管理が困難なハイリスク患者に対する新たな見解は?
対談
医師限定
DES留置後に何例のイベントを経験したことがありますか? 本企画では、これまでのエビデンスに斬りこみ、日本の実臨床におけるDES留置後のステント血栓症の実態について語ります。
 
対談
医師限定
CFDはJapan Madeの血流解析シミュレーションとして、注目を集めつつあります。
本番組では、動脈硬化の進展評価におけるCFDの役割とその臨床応用に迫ります。この新たな画像モダリティは冠動脈インターベンションにどのような影響をもたらすのでしょうか?
対談
医師限定
ACSの病変形態は大きく3つに分かれるといわれています。それら形態の違いは予後の違いにもなるため、治療時に特定し、予後の管理に役立てることができます。プラークの背景の探索という新たな視点から至適治療戦略を考えます。
対談
医師限定
ACS に対するPCI 後、LDL-C が100mg/dL 以下にコントロールできているにもかかわらず、再発する症例を経験することがあります。再発リスクの高い患者さんにおいては、早期から積極的な脂質低下療法を行うことが求められます。新たな選択肢、PCSK9阻害薬の可能性も含め、PCI後の至適薬物療法について議論します。
講演
医師限定
日本における家族性高コレステロール血症(FH)の診断率は低く、多くが見過ごされていると考えられます。ACS患者におけるFHのスクリーニングの重要性を考え、診断のためのX線撮影のポイントも紹介します。さらに、約2,000人の日本人ACS患者を登録し、イベント発症リスクに加え、FHの実態などのデータも報告される予定のEXPLORE-J試験の実施経緯も解説します。
対談
医師限定
ACS後の再発リスクについてエキスパートのお二人に議論いただきました。 積極的脂質低下療法は不安定プラークにどのような影響を与えるのでしょうか? プラークの退縮とプラークの安定化はACS後のイベント抑制につながるのでしょうか? IVUSと血管内視鏡に造詣の深いエキスパートの見解をお伝えします。
対談
医師限定
ACS を経験した患者では、その後の追跡で責任病変に関連するイベントと非責任病変に関連するイベントの発症リスクが同程度であることが報告されており、この再発イベントをいかに抑制するかが今日の課題となっています。ACS 後の再発リスクに明確な指標がない現状において、新たな可能性を議論いただきました。
講演
医師限定
北里大学の阿古潤哉先生より、プラークが多くハイリスクな再発症例をご提示いただき、その対処法とともに、ACS患者においてPCSK9阻害薬によるプラーク退縮効果を検証するODYSSEY J-IVUS試験の概要を解説いただきました。
講演
医師限定
AMI患者の約10人に1人は家族性高コレステロール血症(FH)であることが報告されています。従来の脂質低下療法では治療に難渋していたFH患者に対し新たな治療薬が登場した今日、カテーテル治療医によるスクリーニングの必要性について、久留米大学の上野高史先生にお話しいただきました。
講演
医師限定
PCIのテクニックやデバイスが日々進歩する中、一定数の患者さんは再発を繰り返し、不良な経過をたどっています。究極の局所療法であるPCI後は、イベント抑制のための薬物療法が重要な役割を担います。本動画コンテンツでは、倉敷中央病院の門田一繁先生に、実際の症例とデータから脂質管理の実態をご紹介いただき、虚血性心疾患患者においてより厳格な脂質管理が必要な場合の判断基準としての「4Vアプローチ」について考えたいと思います。
講演
医師限定
従来の脂質低下療法で治療に難渋していた家族性高コレステロール血症患者における新たな治療選択肢について、横井宏佳先生より、自らが経験された症例からお話しいただきました。