検索ワード 指定なし 126件
ビデオライブ
医師・コメディカル限定
番組の終わりに高度石灰化病変に対するOCT-guided PCI SCVCスタイルのオンラインワークショップのご案内をしております。参加いただける方の人数に限りがございますので、ご確認ください。 Rota-stentingにFinal KBTを加えても35分で手技を終える札幌心臓血管クリニック(SCVC)流のOCT-guided PCI。年間2,500例の治療件数を実現するための答えはハートチームのシステム化されたオペレーションにありました。術中の無駄を省いて簡潔、且つ最小限の造影剤で手技を終えるSCVC流PCIを殆どカットせずに編集しています。また最後にSCVC流のOCT-guided PCIにご興味を持っていただいた先生方を対象としたオンラインワークショップのご案内がありますので、最後までご覧ください。
講演
バルーンを拡張できない強い石灰化病変に対してロータブレータが使えないときの一手とは?カッティングバルーン拡張のコツやステント内で使える戦略などを紹介いただきました。 演者: 藤田 勉 氏(札幌心臓血管クリニック) 本動画は第9回豊橋ライブデモンストレーションコースより収録いたしました。 ※本コンテンツは、医療機器、医薬品の適応外使用に該当する症例等が含まれていることがございますが、医療機器の適応外使用、適応外薬の使用を推奨するものではありません。
対談
MK3の4人のオペレーターらが自ら経験した症例を通じて真実を語る“This is Real”シリーズ第3弾。 今回は小倉記念病院の曽我 芳光先生に治療に悩ましい症例を複数ご準備いただき、どのようなストラテジーにて対処するかをご検討いただきました。4人のストラテジー、ファイナルデバイス選択とその理由は?是非ご覧ください。
講演
心血管病理の権威であるRenu Virmani先生が率いるアメリカ、CVPath Instituteから戻られた鳥居翔先生に病理ラボでの留学について伺いました。CVPathの圧倒的な強みや病理の観点から実臨床を支える仕組み、研究に携わる全ての関係者にメリットを生み出すシステムなどをお話しいただきました。
講演
各バルーンのprofile、pushability、trackability、crossabilityをふまえた操作方法やバックアップの取り方など、バルーンが病変部を通過しないときのtips & tricksを解説いただきました。 演者: 北村 哲也 氏(鈴鹿中央総合病院) 本動画は第9回豊橋ライブデモンストレーションコースより収録いたしました。 ※本コンテンツは、医療機器、医薬品の適応外使用に該当する症例等が含まれていることがございますが、医療機器の適応外使用、適応外薬の使用を推奨するものではありません。
ビデオライブ
「PCIはチーム医療である。」豊橋ライブでは放射線技師・臨床工学技士・カテ室看護師からなるハートチームに焦点を当てたコメディカルライブを実施しており、第2弾は豊橋ハートセンターの越田亮司先生によりOCT guided PCIを実践していただきました。OCTの撮像方法や読影のポイントについてわかりやすく解説しております。
講演
ワイヤが偽腔に迷入したときに確認するべきガイドワイヤの位置と末梢の造影、造影像を基にしたワイヤリングの考え方、偽腔の拡大を防ぐための注意点を解説いただきました。 演者: 保坂 文駿 氏(岡村記念病院) 本動画は第9回豊橋ライブデモンストレーションコースより収録いたしました。 ※本コンテンツは、医療機器、医薬品の適応外使用に該当する症例等が含まれていることがございますが、医療機器の適応外使用、適応外薬の使用を推奨するものではありません。
対談
MK3の4人のオペレーターらが自ら経験した症例を通じて真実を語る“This is Real”シリーズ第2弾、今回は高度石灰化病変に対する新たなテクニックとその可能性について迫りました。Viabahn? Supera? 或いは?EVTにおいて治療に難渋する高度石灰化病変への対処法を、ご覧ください。
講演
"Cannon Technique"をご存じでしょうか?日本でのEVTの臨床現場から生まれたこのテクニックが高度石灰化を伴う病変の新たな一手となるのか、その可能性に迫ります。 本動画はCPAC 2019より収録いたしました。
講演
右冠動脈起始異常の解剖学的特徴とバリエーションから、デバイスの挿入困難やバックアップ不足といったPCI時に起こり得る問題点、その解決に有効なデバイスまでを、実際の症例をもとに解説いただきました。 演者: 安藤 元素 氏(岡村記念病院) 本動画は第9回豊橋ライブデモンストレーションコースより収録いたしました。 ※本コンテンツは、医療機器、医薬品の適応外使用に該当する症例等が含まれていることがございますが、医療機器の適応外使用、適応外薬の使用を推奨するものではありません。
講演
医師・コメディカル限定
SFA治療におけるEluvia Drug-Eluting Stentについてのリアルワールドな成績と治療の現状についてを関西労災病院 飯田 修先生にご講演いただきました。
対談
SFA-EVTの治療戦略について適応、テクニック、そして、デバイスの選定について、本音を徹底的に議論していただきました。
DES?DCB?グラフトステント? MK3(森ノ宮・関西労災・小倉記念・岸和田徳洲会)のオペレーターらが個々の症例で選択した治療こそ真実でした。リアルMK3を、4回にわたりTCROSS NEWSで紹介します。
今回は第1弾として、岸和田徳洲会病院の藤原 昌彦先生に症例提示を通じてローリスクハイリターンの末梢血管治療を議論していただいております。
講演
医師 コメディカル限定
僧帽弁閉鎖不全症(MR)に対する新たなカテーテル治療では、エコーが術野となります。経皮的僧帽弁接合不全修復システムを使用する際に術者がエコー画像上、理解すべきポイントを聖マリアンナ医科大学の出雲昌樹先生が解説します。 ※本動画は第8回豊橋ライブデモンストレーションコースより収録いたしました。
ビデオライブ
「PCIはチーム医療である。」豊橋ハートセンターの羽原真人先生によるPCIライブを放射線技師・臨床工学技士・カテ室看護師などハートチームとしてのコメディカルの役割りに焦点を当て、FFR(iFR)を用いたPhysiology guided PCIの流れや手技のポイントをわかりやすく解説しました。またPCI用語などについても字幕にて補足しております。 本動画は第8回豊橋ライブデモンストレーションコースより収録いたしました。
ドラマ
Mason Sones、Charles Dotter、Melvin Judkins、そして、Andreas Gruentzig……PTCAの礎を気付いたパイオニアたちは、どのような思いを胸に挑戦を続け、困難を乗り越えたのでしょうか。彼らの業績を振り返りながらangioplastyの歴史を辿ります。