検索ワード 指定なし 88件
対談
「J-PCIレジストリーに登録するメリット?」「結局、自分たちには何の還元もされないよね…」、いえいえ、皆様の汗と涙の結晶ともいえるビックデータは、日本から世界に発信する貴重なデータであるとともに、行政や社会に対し、臨床医の日々の努力や医療への貢献を客観的に示すエビデンスとなるのです。カテーテルインターベンション医の地位の向上と発展にはこのデータが鍵を握ります。CVITのデータレジストリ委員会委員長の天野哲也先生にお話しいただきました。
講演
屈指のアイデアマンである平野敬典氏が、エコーガイド穿刺のコツやステント留置位置の決め方、ハンドパワーテクニックなど、様々なEVTのテクニックを解説します。ステントがシース内で留置されたときの対処法は? 本動画はCPAC 2018より収録いたしました。
対談
欧米の施設が主要ジャーナルに掲載される斬新な臨床研究を発信し続ける理由を追求するために、留学から帰国された先生方に世界の“仕組み”を伺います。第2回目は、Imperial College Londonが「ヒト、モノ、カネ」の循環を生み出す仕組みに迫ります。
座談会
虚血に対するPCIと薬物療法の治療成績は同じ?FFRガイドのPCIは臨床成績を改善しない?ORBITA試験、FUTURE試験はどういう試験だったのか、日本のインターベンショニストには知られていない背景の詳細や問題点を、虚血診断モダリティの権威が鋭く指摘しました。
ビデオライブ
平成30年度の診療報酬改定により、ますます注目が集まるPhysiology。本動画では松尾仁司氏がiFR、FFRの有効な活用法や詳細な使い方について解説を交え、PhysiologyガイドのPCIをお見せします。
講演
3Dイメージングが有効であったLM分岐部病変の症例をご紹介します。血管径のギャップが大きいLMでステントのサイズ決めは?Final KBT前のOCTでチェックしたいポイントは?OCTハイボリュームセンターから3DイメージングガイドのPCIを紹介します。 本動画はJBC@CVIT 2018より収録いたしました。
対談
後編では、本システムを応用した手技や限界、術者に求められる能力、今後の可能性などが語られます。ロボットPCIのCTO-PCIテクニックは日本が誇るCTO-PCIテクニックを超えるのでしょうか? 本番組は2018年12月に収録いたしました。
講演
末梢動脈疾患領域で使用されるRutherford分類。Fontaine分類などとどのように使い分けていますか?臨床医の視点から、その使い分けと課題に迫ります。 本動画はCPAC 2018より収録いたしました。
対談
当たり前に行っているその慣行、裁判では医療ミスとされる可能性が!?「添付文書至上主義」に「医療事故調査制度」・・・。実際の判例を元に、知っておくべき法的ルールと訴訟リスク回避のためのポイントをQ&A形式で解説します。
対談
本邦でも昨年承認され、4月に第1例目が施行されたロボット補助PCI。全米一の症例数を有する施設で術者として活躍された平井大士氏にシステムの操作方法やCTO-PCIにおける治療成績、術者の被曝量などを解説いただきました。 本番組は2018年12月に収録いたしました。
講演
末梢動脈領域でよく耳にするWIfI分類。 これまで主流だった、診断する医師に依存した主観的な指標に対し、客観的な診断をするために現れたのがWIfI分類です。創傷、感染、虚血の状態を含めたこの分類を使用することは実臨床に何をもたらすのでしょうか? 本動画はCPAC 2018より収録いたしました。
対談
医師 コメディカル限定
心原性ショック、左室機能低下を呈する多枝疾患の症例、活動性出血合併症例、超遅発性ステント血栓症症例…。救命できなかった症例と治療方針に難渋した症例をたどりなから、AMI-PCIの課題と、最新のデバイス選択、術中・術後の適切な管理について議論します。
対談
日々、臨床現場で「いのち」と向き合うカテーテルインターベンショニスト。不幸にも事故が起こり訴訟を起こされてしまった・・・医療訴訟に備えて知っておくべき法的リスクについて、医師兼弁護士である田邉昇先生に判例を提示しながら解説いただきました。
対談
ACSで搬送されてきた患者さんの大動脈弁にTAVI弁が!冠動脈の入口部がjailされている!TAVI症例数の増加により、そんな事態に遭遇する機会は今後増えると考えられます。カテーテル治療に携わる方々がAS患者さんを治療する際に知っておいてほしいことを、林田健太郎先生に解説いただきました。
対談
留学から帰国された先生方に留学先施設と日本の教育、臨床研究、現場医療、働き方の違いを中心にお話を伺っていきます。第1回目は世界中から優秀な人材が集うフランスのICPSに留学された茂木聡先生にお話しいただきました。