検索ワード 指定なし 112件
講演
アクセスルートに悩むCTO-EVT症例において、閉塞部位に直接穿刺する新しいテクニックが開発されました。最適なニードルとガイドワイヤの組み合わせや次回のEVTに影響しない止血方法などを、森之宮病院の川﨑大三氏に解説いただきました。 本動画はCPAC 2019より収録いたしました。
講演
ハイリスク患者の診断と治療戦略を探る本シリーズ。Case 8は息切れと胸痛を訴えるバスケットボール部所属の男子高校生。家族性高コレステロール血症(FH)の所見と僧帽弁閉鎖不全、99%狭窄を含む3枝疾患が認められた。CABG or PCI?統一見解のない若年患者における治療方針を検討する。 演者: 井山 慶大 氏(長崎大学病院) ファシリテーター: 伊苅 裕二 氏(東海大学) ご意見番: 大川 育秀 氏(名古屋ハートセンター)、華岡 慶一 氏(華岡青洲記念 心臓血管クリニック) 本動画は第9回豊橋ライブデモンストレーションより収録いたしました。
対談
医師 コメディカル限定
齋藤滋氏(湘南鎌倉総合病院)と澤芳樹氏(大阪大学)による対談の後編では、新しい治療や再生医療の展望、そして、次世代を担う若手医師への熱い想いが語られました。
対談
医師 コメディカル限定
循環器内科医の齋藤滋氏(湘南鎌倉総合病院)と心臓血管外科医の澤芳樹氏(大阪大学)による対談が実現。同じ大学の先輩と後輩の間柄でもある2人が、最前線に立ち続ける原動力やハートチームのあり方について語りました。
講演
ハイリスク患者の診断と治療戦略を探る本シリーズ。Case 7は脚の強い痛みを訴える90歳代女性。左下肢のALIと診断され、SFA以遠には高度石灰化を伴う血栓閉塞が認められた。治療法、術後の薬物療法の選択と期間など、超高齢者ゆえに何を考慮すべきなのか、その戦略に迫る。 演者: 荒木 浩 氏(横須賀市立うわまち病院) ファシリテーター: 伊苅 裕二 氏(東海大学) ご意見番: 大川 育秀 氏(名古屋ハートセンター)、華岡 慶一 氏(華岡青洲記念 心臓血管クリニック) 本動画は第9回豊橋ライブデモンストレーションより収録いたしました。
対談
TAVI後のペースメーカ留置が長期予後にどのようなインパクトを与えるか知っていますか?本邦においても今後TAVIの適応が低リスク患者へ拡大されることを見据え、循環器内科医として知っておくべき長期予後のためのTAVIについて解説いただきました。
講演
重症虚血肢(CLI)治療のゴールは長生きすること?CLI患者にフットケア外来に来てもらうにはどうすればよい?早期創傷治癒を目指したPlanned repeated EVTや予後悪化を回避するCLIに特化したリハビリテーションプログラムなど、自施設での取組みをもとに森之宮病院の川崎大三氏に語っていただきました。 本動画はCPAC 2018より収録いたしました。
講演
分岐部病変におけるステント留置時のためのモダリティとして、3D-OCTの有用性が本邦から報告されています。本ケースを通じて、その活用法を解説します。LMTを含む分岐部病変にOCTガイドによる手技で挑んだ症例をご覧ください。 本動画はJBC@CVIT 2018より収録いたしました。
対談
医療従事者向け英語コミュニケーションプログラム"MEDiCO"の講師を務める本城武則先生に、日本人が英語が話す上での心構えを「10分」で解説いただきました。
本動画は、MEDiCO本編の導入編になります。ご購入を検討いただいている皆様、まずはこちらをご覧ください。
講演
医師 コメディカル限定
SFA病変に対しDCBを使用するのかステントを留置するのか。そしてステントであればBNSなのかDESなのか。SFAのCTO病変へのステント留置後の内視鏡所見を検討しました。"ラスト4分"の3ヶ月後の大きな変化に注目してください。
ビデオライブ
長区域にわたる高度石灰化病変を有する70歳代の女性患者。この複雑な病変に対し、マスターはCoronary Orbital Atherectomy Deviceで挑みました。デバイスのセットアップから手元の操作の方法、Rotational atherectomyとの違い、「引き」と「押し」の使い分けなど、デバイスを有効に操作するtips & tricksを凝縮してお届けします。 ※本動画は、第9回豊橋ライブデモンストレーションコースより収録いたしました。
講演
「カテだけして終わる時代ではなくなっています。」血行再建、創傷管理、歩行リハビリと、救肢診療に求められる3本柱が確立されずにEVTを始める循環器専門病院が増加する中、足病診療を行う病院に求められる診療構築について、形成外科医である菰田拓之氏が専門医の立場から語りました。
座談会
医師 コメディカル限定
薬剤コーティッドデバイスの使用頻度が高まる中、本動画ではSFA-EVTにおいて長期的開存を得るためにDESとDCBをどう使い分けるか、病変別のデバイスの選択についてエキスパートが議論しました。病理画像から適切な治療へと導きます。
対談
留学から帰国された先生方に世界の“仕組み”を伺う本シリーズ第3弾は、世界に影響を及ぼす臨床研究を発信し続けるBern University Hospitalです。本施設の何がヒトを惹きつけ、デバイス(モノ)や資金(カネ)を集める好循環を生んでいるのか・・・トップを務めるStephan Windecker氏の人柄にも迫ります。
座談会
医師 コメディカル限定
末梢血管内治療においてパクリタクセルデバイスの安全性に関する問題が日本の臨床にどのような影響を与えているのか、臨床現場の声に迫ります。デバイスの安全性と有効性を語っていただきました。