検索ワード 指定なし 97件
講演
PAD患者の早期発見につながるフットケアの必要性が高まる中、全国で「足病外来」を立ち上げる施設が増えています。本番組では、総合東京病院の滝村英幸氏が如何にしてゼロから「足病治療外来」を立上げ、症例数を増加させたかを解説いただきます。 本動画はCPAC 2018より収録いたしました。
対談
第28回日本心血管インターベンション治療学会学術集会(CVIT2019)が、9月19日から3日間、名古屋で開催されます。今年の会長を務める藤田医科大学の尾崎行男先生より、プログラムの概要をお話しいただきました。
ビデオライブ
PCIについて勉強したい!というMRの皆さんにお届けするコンテンツ。PCIの手技の流れに沿って、各デバイスや造影像について解説します。手技の最初から最後までをわかりやすくまとめました。心臓の働きや虚血性心疾患のメカニズムなども確認できます!
講演
平野テクニカル教室のADVANCED編では、平野氏考案のテクニックの中から「HIRANO DOME」「HIP attack technique」「GACHON METHOD」「Ultra SOUL METHOD」について、実際の症例を交えて解説しています。 本動画はCPAC 2018より収録いたしました。
講演
日本流至適アウトカムを追求した治療はここにあり!冠動脈分岐部病変の3D‐OCTはここまで進化しました。プロフェッショナルのこだわりの治療を解説します。こだわりは成績へとつながっているのでしょうか。 本動画はJBC@CVIT 2018より収録いたしました。
対談
主な改訂点を解説いただいた前後に続き、後編では、ルーチンなフォローアップCAG、ad hoc PCI、DAPT期間の短縮、DESの違いがDAPT期間に与える影響、スタチンや抗血栓薬を含めた薬物療法など、重要なポイントについてお話しいただきました。
講演
公正な立場からアンギオ装置の画質、線量、装置独自の性能、アームの操作性を比較検証しました。どちらの画像がどのメーカーのアンギオ装置の画像か判別できますか。Made in Japanはここまで進化した!
対談
2018年改訂版の「安定冠動脈疾患の血行再建ガイドライン」では、PCI、CABG の適正化、虚血ガイドの治療の推奨、最新のエビデンスを考慮した至適薬物療法などが含まれました。今回のガイドラインの改訂について、実臨床への影響という面から考えていきます。
講演
末梢動脈における狭窄の部位や長さなど解剖学的な観点からカテーテル治療の難易度を分けるTASC分類。その問題点に迫り、臨床医が考える基準を提示します。 本動画はCPAC 2018より収録いたしました。
対談
「J-PCIレジストリーに登録するメリット?」「結局、自分たちには何の還元もされないよね…」、いえいえ、皆様の汗と涙の結晶ともいえるビックデータは、日本から世界に発信する貴重なデータであるとともに、行政や社会に対し、臨床医の日々の努力や医療への貢献を客観的に示すエビデンスとなるのです。カテーテルインターベンション医の地位の向上と発展にはこのデータが鍵を握ります。CVITのデータレジストリ委員会委員長の天野哲也先生にお話しいただきました。
講演
屈指のアイデアマンである平野敬典氏が、エコーガイド穿刺のコツやステント留置位置の決め方、ハンドパワーテクニックなど、様々なEVTのテクニックを解説します。ステントがシース内で留置されたときの対処法は? 本動画はCPAC 2018より収録いたしました。
対談
欧米の施設が主要ジャーナルに掲載される斬新な臨床研究を発信し続ける理由を追求するために、留学から帰国された先生方に世界の“仕組み”を伺います。第2回目は、Imperial College Londonが「ヒト、モノ、カネ」の循環を生み出す仕組みに迫ります。
座談会
虚血に対するPCIと薬物療法の治療成績は同じ?FFRガイドのPCIは臨床成績を改善しない?ORBITA試験、FUTURE試験はどういう試験だったのか、日本のインターベンショニストには知られていない背景の詳細や問題点を、虚血診断モダリティの権威が鋭く指摘しました。
ビデオライブ
平成30年度の診療報酬改定により、ますます注目が集まるPhysiology。本動画では松尾仁司氏がiFR、FFRの有効な活用法や詳細な使い方について解説を交え、PhysiologyガイドのPCIをお見せします。
講演
3Dイメージングが有効であったLM分岐部病変の症例をご紹介します。血管径のギャップが大きいLMでステントのサイズ決めは?Final KBT前のOCTでチェックしたいポイントは?OCTハイボリュームセンターから3DイメージングガイドのPCIを紹介します。 本動画はJBC@CVIT 2018より収録いたしました。