新着ニュース

ページ

topics

2018年6月12日: テルモの脳血管治療用医療機器の専門子会社であるMicroVention,Inc.は、Sofiaカテーテルについて、頭蓋内の大血管の閉塞による急性虚血性脳卒中患者における血栓吸引の適応でFDA承認を取得したことを発表した。

medical

ST上昇型MI患者において、プラークの糜爛にはプラークの破綻と異なる予測因子が確認されたことが、中国、The 2nd Affiliated Hospital of Harbin Medical UniversityのJiannan Dai氏らにより、6月7日号のEuropean Heart Journal誌で報告された。

medical

MEMORY試験より、橈骨動脈からの冠動脈造影後の止血において、用手圧迫止血と機械的止血による早期の橈骨動脈閉塞(RAO)の割合は同等であったが、止血時間は用手圧迫止血で有意に短かったことが、ギリシャ、Aristotle University of ThessalonikiのDimitrios Petroglou氏らにより、6月11日号のJACC: Cardiovascular Interventions誌で報告された。

topics

豊橋ライブデモンストレーションコースが豊橋市のロワジールホテル豊橋にて6月21日から23日の3日間にわたり行われる。8回目を迎えた今回は「MASTERS OF THE MASTERS~魂の伝承~」がテーマに掲げられた。初日は市民公開講座に始まり、17:30からのサテライトシンポジウムへと続く。

medical

BIOFLOW Ⅱ試験より、生分解性ポリマーを使用したOrsiroシロリムス溶出ステント(O-SES)と耐久性ポリマーを使用したXienceエベロリムス溶出ステント(EES)の5年の成績は同等であったことが、フランス、Hopital Jacques CartierのThierry Lefevre氏らにより、5月28日号のJACC: Cardiovascular Interventions誌で報告された。

medical

メタ解析より、新世代のデバイスを用いたTAVR後に永続的なペースメーカの植込み(PPI)が必要となる割合には大きなばらつきが認められたことが、オランダ、Leiden University Medical CenterのPhilippe J van Rosendael氏らにより、6月1日号のEuropean Heart Journal誌で報告された。

topics

ドイツ、Main Taunus Heart InstituteのNicolaus Reifart氏がCTO-PCIにおけるアンテグレードアプローチの変遷についてCTO Club 2018で発表した。

topics

Japanese CTO-PCI Expertレジストリーの最新のデータ(2016年)より、経験豊富な日本人エキスパートが実施したCTO-PCIのテクニカル成功率は、以前の報告と同様であったことが、福岡和白病院の芹川威氏により発表された。

ページ