This is Real この症例どうする?

MK3の4人のオペレーターらが自ら経験した症例を通じて真実を語る“This is Real”シリーズ第3弾。

今回は小倉記念病院の曽我 芳光先生に治療に悩ましい症例を複数ご準備いただき、どのようなストラテジーにて対処するかをご検討いただきました。4人のストラテジー、ファイナルデバイス選択とその理由は?是非ご覧ください。

この記事は
プラチナ
メンバー
限定です
ログイン/会員登録