2020年 8月アクセスランキング

TCROSS NEWSの2020年8月のアクセスランキングを発表いたします。

1
【無料公開中】複雑なPCIを受けた患者における1ヶ月DAPT: STOPDAPT-2試験事後解析
STOPDAPT-2試験の事後解析より、複雑なPCIを受けた患者においても1ヶ月の2剤の抗血小板療法(DAPT)後のクロピドグレル単剤による治療は、12ヶ月のDAPTと比較して、虚血と出血の複合リスクを低下させたことが、京都大学の渡部宏俊氏により、The Week for JCS 2020のClinical Researchセッションで発表された。

詳細はこちら>>

2
TLeCa
8月からTCROSS NEWSではカテーテルインターベンションに携わる皆様の日常業務、知識の向上をサポートする循環器領域のe-learningコンテンツ「TLeCa」をリリースしました。

詳細はこちら>>

3
冠動脈のtrue bifurcation病変に対するmodified jailedバルーンテクニックの有効性
冠動脈のtrue bifurcation病変に対し、modified jailedバルーンテクニック(MJBT)の安全性は高く、側枝の温存に有効であることが、Shonan Kamakura General HospitalのKoki Shishido氏らにより、7月号のCatheterization and Cardiovascular Interventions誌で報告された。

詳細はこちら>>

4位 心不全治療薬ARNI、いよいよ登場!
急性・慢性心不全診療ガイドライン(2017年改訂版)においても今後期待される治療に含まれたアンジオテンシン受容体ネプリライシン阻害薬(ARNI)が、2020年6月に本邦で「慢性心不全、ただし、慢性心不全の標準的な治療を受けている患者に限る」を効能・効果として製造販売承認されました。
今回は、このARNIについて、循環器専門病院における薬剤師としての立場から薬剤の使用にあたり留意すべき点をまとめていただきました。

詳細はこちら>>

5位 LVEFが<35%の患者におけるPCI vs CABG
カナダの実臨床のデータより、LVEFが<35%の患者への血行再建において、PCIと比較してCABGで死亡、及びMACE(脳卒中、血行再建、MI/心不全による入院)のリスクが有意に低かったことが、カナダ、University of Ottawa Heart InstituteのLouise Y. Sun氏らにより、6月号のJAMA Cardiology誌で報告された。

詳細はこちら>>

6位 JBC Online 2020 TCROSS NEWSで配信決定!
7位 2020年度診療報酬改定の動向と今後の保険診療のあり方 ~CVITからの要望とその結果~
8位 足病診療の進化型、訪問診療クリニックという選択
9位 T-CLOCK 1分で押さえる!現場に影響を与える重要トライアル
10位 This is Real 限界への挑戦 ~高度石灰化病変のニュー・ソリューション~
11位 The Bailouters: ワイヤが偽腔に迷入したときの対処法
12位 日本の実臨床の3枝疾患患者におけるPCI vs CABG: CREDO-Kyotoレジストリーコホート3より
13位 日本循環器学会学術集会初のオンライン開催は約16,000人が参加し、成功裏に閉会 ~木村氏笑顔でOKサインを贈る~
14位 医師の働き方改革: 完全主治医制と複数主治医制における時間外労働
15位 冠動脈の分岐部病変に対する本幹へのステント+側枝のDCB拡張
16位 日本のPAD治療におけるステントグラフト ~Update~
17位 ACS患者に対するPCIにおけるDCB vs DESによる治療後の中期臨床成績
18位 COVID-19が病院経営にもたらす危機
19位 The Bailouters: 石灰化でバルーンが不通過のときの対処法
20位 複雑な冠動脈疾患に対する至適ステント留置テクニックiPSP戦略: IRIS-DESレジストリー