This is Real 早期決断とGRITで攻める治療戦略~かんろうStyle~

MK3の4人のオペレーターらが自ら経験した症例を通じて真実を語る“This is Real”シリーズ第4弾。
今回は関西労災病院の飯田修氏に、右SFAのバイパス閉塞を繰り返すRutherfordクラス5で感染なしの透析患者など2症例を紹介いただきました。至適治療は、Native SFAの再疎通か、バイパスへの血管内治療か。4名のそれぞれの選択と理由とは?本症例から飯田氏が学んだ教訓とは?是非ご覧ください。

この記事は
プラチナ
メンバー
限定です
ログイン/会員登録