イメージングガイドのPCIの変遷~OCTで一歩先のPCIへ~

豊橋ハートセンター 鈴木 孝彦氏

冠動脈インターベンションの歴史は、今から40年以上前に、スイス、チューリッヒにてAndreas Gruentzigが冠動脈形成術を実施したことから始まった。日本では1980年代にPCIが普及し、今日では虚血性心疾患治療の第一選択として多くの患者の命を救っている。

医師コメディカル 限定コンテンツ
この記事は会員限定です。
ログイン/会員登録