超低用量DOACは本当に有効で安全なのか?ELDERCARE-AF試験を振り返る

PCIを受ける心房細動患者では、ステント血栓症と心房細動のいずれのイベントも抑制する必要があるものの、そのために2剤の抗血小板薬と経口抗凝固薬による治療を行うと、出血リスクが顕著に高まります。このような患者において至適な抗血栓療法を検討すべく、PIONEER AF-PCI試験RE-DUAL PCI試験AUGUSTUS試験ENTRUST-AF PCI試験などの研究が実施され、DOAC併用時のアスピリン投与は避けるべきであることが示されました。

しかし、日常臨床においては、標準的な抗凝固療法の適さない特に出血リスクの高い患者もおり、今回は、超低用量のDOACの有効性と安全性について検討いただきました。

このコンテンツは
ゴールドプラチナ
メンバー
限定です
ログイン/会員登録
TCROSS NEWSは、循環器領域に携わる医療従事者のための循環器総合情報サイトです。2009年から、皆様のお役に立つコンテンツを継続的にお届けしております。
主なコンテンツ
  • 01
    FREE
    論文
    NEJM、JACC、Circulationなど、最新論文の日本語要約を毎週ご紹介
  • 02
    FREE
    業界ニュース
    新薬、新デバイスなどの領域特化の最新情報をまとめてチェック
  • 03
    世界の学術集会速報
    ACC、ESC、日循など、テクロスが取材した速報をどこよりも早くお届け
  • 04
    オリジナル動画・記事
    カテーテル手技解説、ガイドライン、診療報酬改定など、領域特化のオリジナルコンテンツ
  • 05
    オンラインカテーテルライブ
    豊橋デモンストレーションコース、Japanese Bifurcation Clubなどの提携ライブにご招待
TCROSS NEWSの閲覧には会員登録が必要です
一部コンテンツは有料プラン向けとなっております。プラン詳細>>
まずは無料で会員登録!
循環器内科医を中心に、6,000名以上の医師にご登録いただいています!