超低用量DOACは本当に有効で安全なのか?ELDERCARE-AF試験を振り返る

PCIを受ける心房細動患者では、ステント血栓症と心房細動のいずれのイベントも抑制する必要があるものの、そのために2剤の抗血小板薬と経口抗凝固薬による治療を行うと、出血リスクが顕著に高まります。このような患者において至適な抗血栓療法を検討すべく、PIONEER AF-PCI試験RE-DUAL PCI試験AUGUSTUS試験ENTRUST-AF PCI試験などの研究が実施され、DOAC併用時のアスピリン投与は避けるべきであることが示されました。

しかし、日常臨床においては、標準的な抗凝固療法の適さない特に出血リスクの高い患者もおり、今回は、超低用量のDOACの有効性と安全性について検討いただきました。

このコンテンツは
ゴールドプラチナ
メンバー
限定です
ログイン/会員登録