2021年 2月アクセスランキング

TCROSS NEWSの2021年2月のアクセスランキングを発表いたします。

            

1

            

ON AIR 「第28回東海ライブ研究会」
2021年2月は、「第28回東海ライブ研究会」がON AIRで配信されました。東海ライブ研究会では、分岐部、高度石灰化、びまん性/石灰化症例、Imaging & Physiologyなど、Complex-PCIのライブが行われ、熱いディスカッションが繰り広げられました。また、本会では初となるEVTのライブも行われました。次回のライブ配信は、2021年6月22日 - 26日、第11回豊橋ライブデモンストレーションコースです。

詳細はこちら>>

2
All about Basic EVT: 外科医泣かせのEVT ~ここからは外科的血行再建~
「とりあえずEVTやっときましょう!→この考えは捨てましょう←」足関節以下、膠原病、若年など、血管外科医がEVTの適応を疑う症例を紹介しながら、バイパスとEVTのメリット・デメリットを解説いただきました。

詳細はこちら>>

3
冠動脈の小血管病変に対するDCB vs DES: PICCOLETO Ⅱ試験
PICCOLETO Ⅱ試験より、冠動脈の小血管のデノボ病変に対するパクリタクセルコーティッドバルーン(DCB)による治療は、エベロリムス溶出ステント(EES)による治療と比較し、6ヶ月のlate lossが小さく、1年の臨床成績は同等であったことが、イタリア、San Carlo ClinicのBernardo Cortese氏らにより、12月28日号のJACC: Cardiovascular Interventions誌で報告された。

詳細はこちら>>

4位 【全会員無料公開】大腿膝窩動脈の複雑病変に対する新しいコンセプトの治療戦略の可能性
LINC 2021の3つ目のLATE BREAKING TRIALセッションでは、大腿膝窩動脈の複雑病変に対する治療を評価した研究結果が発表された。多くの臨床試験では複雑な病変を有する患者は除外されているが、実臨床における課題はこのような患者群であり、薬剤コーティッドバルーン(DCB)のみでは解決しないとされる複雑病変に対し、DCB拡張後のステント留置、レーザーやアテレクトミーによる前処置を行った後のDCBによる治療、そして、ステントグラフトや経皮的バイパス術などの臨床使用が検討されている。

詳細はこちら>>

5位 働き方改革の達成と地域のPCI維持の両立は可能なのか?
2024年4月より医師の労働時間上限規制が適応される。今後、各医療機関では時短計画案の作成、地域医療確保暫定特例水準医療機関としての申請が求められ、それに対する第三者評価や審査、そして、指定を受けることが必要となってくる。医師の地域偏在、診療科偏在への対応が求められる中、CVIT 2020(2021年2月開催)の働き方改革セッションにおいて、岩手医科大学の森野禎浩氏より、医師の労働時間を短縮させ、循環器救急医療を現在のまま成り立たせることが可能なのか、CVITの調査結果を踏まえた本邦におけるACS診療体制の現状と課題について発表された。

詳細はこちら>>

6位 心血管イベントを減少させる糖尿病治療薬GLP-1受容体作動薬に経口薬がいよいよ登場!
7位 【全会員無料公開中】日本の実臨床における高リスク僧帽弁閉鎖不全症患者に対するMitraClipによる治療: 市販後調査1年成績
8位 本邦の実臨床から世界へ発表された下肢動脈疾患関連の臨床研究
9位 ACSにつながる不安定プラークの検出: OCTレジストリーからの見解
10位 エドワーズライフサイエンスが慢性透析患者へのTAVR適応拡大承認を取得
11位 脳卒中予防のための経皮的卵円孔開存閉鎖術 岡山大学循環器内科 赤木 禎治 氏
12位 心房細動患者における左心耳閉鎖術 vs DOAC
13位 PCI前のRFR、dPRプルバックによる冠血行再建の効果予測: REFINE-RPG試験
14位 The Bailouters: 血管を損傷したときの対処法
15位 卵円孔開存に対するカテーテル治療 ~実施施設の認定フェーズ 3へ~
16位 Orsiro、Xience、Resolute、Nobori/BioMatrix DESのTLF比較: ネットワークメタ解析
17位 日本人の大腿膝窩動脈疾患患者におけるViabahnステントグラフト: 市販後調査1年追跡
18位 間欠性跛行の糖尿病患者におけるクロピドグレル+シロスタゾールによる虚血性血管イベントの抑制効果: DORIC試験
19位 スタチン治療により良好な血管反応が得られる病変の予測因子: Massachusetts General Hospital OCTレジストリー
20位 心房細動患者におけるカテーテルアブレーション後の認知症リスクの低下