やはり血圧は積極的に下げるべきか?SPRINT試験の最終報告をふまえて考える

血圧は脳卒中や虚血性心疾患による死亡リスクに関連しており、血圧の管理の重要性は認知されています。しかしながら、 治療中の患者が降圧目標に達成している割合が約50%程度であることから、アメリカ、ヨーロッパ、日本の高血圧治療ガイドラインには血圧管理の改善が盛り込まれており、また、エビデンスの蓄積から降圧目標値が引き下げられた疾患、病態が増えました。その代表的なエビデンスの1つがSPRINT(Systolic Blood Pressure Intervention Trial)です。今回は、数々のメタ解析にも含まれるこのSPRINTについて解説いただきました。

このコンテンツは
ゴールドプラチナ
メンバー
限定です
ログイン/会員登録
TCROSS NEWSは、循環器領域に携わる医療従事者のための循環器総合情報サイトです。2009年から、皆様のお役に立つコンテンツを継続的にお届けしております。
主なコンテンツ
  • 01
    FREE
    論文
    NEJM、JACC、Circulationなど、最新論文の日本語要約を毎週ご紹介
  • 02
    FREE
    業界ニュース
    新薬、新デバイスなどの領域特化の最新情報をまとめてチェック
  • 03
    世界の学術集会速報
    ACC、ESC、日循など、テクロスが取材した速報をどこよりも早くお届け
  • 04
    オリジナル動画・記事
    カテーテル手技解説、ガイドライン、診療報酬改定など、領域特化のオリジナルコンテンツ
  • 05
    オンラインカテーテルライブ
    豊橋デモンストレーションコース、Japanese Bifurcation Clubなどの提携ライブにご招待
TCROSS NEWSの閲覧には会員登録が必要です
一部コンテンツは有料プラン向けとなっております。プラン詳細>>
まずは無料で会員登録!
循環器内科医を中心に、6,000名以上の医師にご登録いただいています!