Air Mail「林田 健太郎 氏」後編

Institut Cardiovasculaire Paris Sud 林田 健太郎 氏

今回は、フランスでの職場環境と生活についてを中心に伺います。

日本とフランスでの職場環境、文化の違いはいかがでしょうか?

フランスではインターベンショナルカーディオロジストはインターベンション業務のみを行い、病棟管理は麻酔科医やGeneral Car-diologistが行います。Interventional Cardiologistは手技に専念できるため多数の症例をこなし、手技に習熟し、研究活動に時間が取れる反面、自分が治療をした患者さんの術後管理を責任をもって行う機会はほとんどなく、病棟医とのコミュニケーション不足により問題が生じる場合もあります。