ヨーロッパのEVTのトレンドは? / DCBは下肢動脈のスタンダードとなり得るか! / 再びベイルアウトステント時代へ

ヨーロッパのEVTのトレンドは?

本コースでは複数の会場で、多くのライブ中継が行われたが、本邦における手技とは明らかに異なっていることに気付かされた。薬物コーティッドバルーン(DCB)の使用が圧倒的に多く、SFA病変には、プライマリーはもちろん、ステントの再狭窄に対して使用する症例も多く、プライマリーステント術という概念が薄れ、まずはステントを留置せずに至適効果を得ることが前提に手技が進められた。

この記事は会員限定です。
ログイン/会員登録