SFA病変へのステント留置後の再狭窄の予測におけるFFRの有用性

SFA病変に対するステント留置後のFFRは再狭窄の予測に有用であり、至適カットオフ値は0.92であったことが、Saiseikai Yokohama-City Eastern HospitalのNorihiro Kobayashi氏らにより、12月号のJournal of Endovascular Therapy誌で報告された。