長い冠動脈病変に対するBVS: GHOST-EUレジストリーサブ解析

GHOST-EUレジストリーより、実臨床において長い冠動脈病変に対するエベロリムス溶出生体吸収性スキャフォールド(BVS)留置後の1年のTLFの割合は約15%であったことが、イタリア、San Giovanni di Dio HospitalのSalvatore Geraci氏らにより、3月27日号のJACC: Cardiovascular Interventions誌で報告された。