石灰化病変に対する低速 vs 高速回転のロータブレータ後のslow flow

冠動脈の石灰化病変に対するロータブレータでの治療において、低速回転と高速回転によるデバルキングでslow flowの発生率に差はなかったことが、Jichi Medical UniversityのKenichi Sakakura氏らにより、4月号のCatheterization and Cardiovascular Interventions誌で報告された。