バルーン拡張型デバイスを使用したTAVR後のアスピリン vs アスピリン+クロピドグレル: ARTE試験

ARTE試験より、TAVRを受けた患者において、アスピリン単独の抗血小板療法はアスピリンとクロピドグレルの併用と比較し、MI/脳卒中のリスクを増加させることなく、出血のリスクを低下させたことが、カナダ、Quebec Heart & Lung InstituteのJosep Rodes-Cabau氏により、EuroPCR 2017のLate-breaking trialsセッションで発表された。