日本人患者におけるエボロクマブの1年の有効性と安全性: OLE OSLER試験統合解析

OSLER試験より、日本人患者においてエボロクマブと標準治療併用の忍容性は高く、1年後もLDL-Cの低下が持続したことが、Nihon University School of MedicineのAtsushi Hirayama氏により、7月号のCirculation Journal誌で報告された。