造影上の至適なステント留置後のストラットマルアポジション

造影上至適なステント留置が得られても、OCTでの観察からは4本中3本でストラットのマルアポジションが認められ、最も一般的なストラットマルアポジションの原因は限局性の内腔拡大、2番目はステントのアンダーサイズであったことが、アメリカ、University of Arkansas for Medical SciencesのMayank Agrawal氏らにより、8月1日号のCatheterization and Cardiovascular Interventionsで発表された。