チクロピジン、クロピドグレル、チカグレロル ~末梢動脈疾患に対するP2Y12阻害薬の役割~

数々のP2Y12阻害薬の臨床試験より、末梢動脈疾患(PAD)患者において、抗血小板療法は患者の予後の改善に寄与することが報告されており、これらの薬剤を適切に使用することで良好な長期成績が得られることが、アメリカ、University of MichiganのJames Froehlich氏により、VIVA 17のPharmacoRXセッションで発表された。