大腿膝窩動脈病変に対するDCB vs PTA: IN.PACT SFA試験4年追跡

IN.PACT SFA試験の4年追跡より、大腿膝窩動脈病変に対するIN.PACT Admiralパクリタクセルコーティッドバルーン(DCB)による治療は、標準的なバルーン形成術(PTA)と比較し優れた治療効果を示し、長期にわたり安全性は高かったことが、アメリカ、Kaiser Foundation HospitalのPeter Schneider氏により、VIVA 17のLATE-BREAKING CLINICAL TRIALSセッションで発表された。