大腿膝窩動脈病変に対するStellarex DCB vs PTA: ILLUMENATE試験2年追跡

ILLUMENATE試験より、大腿膝窩動脈病変に対するStellarexパクリタクセルコーティッドバルーン(DCB)を用いた治療は、標準的なバルーン形成術(PTA)と比較して2年の成績が良好であり、late catch-upは認められなかったことが、オーストリア、Medical University of GrazのMarianne Brodmann氏により、VIVA 17のLATE-BREAKING TRIALSセッションで発表された。