冠動脈の小血管病変に対するDCB vs EES

冠動脈の小血管に病変を有する患者において、パクリタクセルコーティッドバルーン(DCB)と、第2世代のエベロリムス溶出ステント(EES)による治療後1年のMACE(心臓死、非致死性MI、TVR)、及びTLRの割合は類似していたことが、イタリア、San Raffaele Scientific InstituteのFrancesco Giannini氏らにより、9月1日号のCatheterization and Cardiovascular Interventions誌で報告された。