BVS vs EES 留置後の2年成績: メタ解析

エベロリムス溶出ステント(EES)と生体吸収性スキャフォールド(BVS)を比較した無作為試験のメタ解析より、BVSで治療された患者は、2年、及び1年と2年の間のデバイス由来の有害事象とデバイス血栓症のリスクが有意に高かったことが、アメリカ、Columbia University Medical CenterのZiad A. Ali氏らにより、8月19日号のThe Lancet誌で報告された。