DCBによる治療後のステント内再狭窄再発の予測因子

ステント内再狭窄病変に対するパクリタクセルコーティッドバルーン(DCB)による治療においては、至適な前拡張とDCBの位置決めが再狭窄の抑制に重要であることが、Miyazaki Medical Association Hospital Cardiovascular CenterのHiroshi Koiwaya氏らにより、8月号のCirculation Journal誌で報告された。