潜因性脳卒中患者におけるPFO閉鎖術 vs 抗血小板療法 vs 抗凝固療法: CLOSE試験

CLOSE試験より、卵円孔開存(PFO)に起因すると考えられる脳卒中を経験した患者において、経皮的PFO閉鎖術と抗血小板療法の併用による治療は、抗血小板療法単独と比較し、脳卒中の再発リスクが有意に低かったことが、フランス、Sainte-Anne HospitalのJean-Louis Mas氏らにより、9月14日号のThe New England Journal of Medicine誌で報告された。