≦70、71-80、≧81歳の重症大動脈弁狭窄症患者におけるTAVRの成績

若年の大動脈弁狭窄症患者では高齢患者と比較し、リスク因子や併存症を有する割合が高いものの、TAVR後1年の死亡率は有意に低かったことが、イスラエル、Tel Aviv UniversityのEhud Regev氏らにより、11月1日号のThe American Journal of Cardiology誌で報告された。