多枝冠動脈疾患を有する心原性ショック患者におけるPCI: CULPRIT-SHOCK試験

CULPRIT-SHOCK試験より、多枝冠動脈疾患を有する心原性ショックを伴うAMI患者において、責任病変のみのPCIは、多枝へのPCIと比較して30日の死亡率が低かったことが、ドイツ、Heart Center Leipzig-University HospitalのHolger Thiele氏により、TCT 2017のLate-Breaking Clinical Trialsセッションで発表された。