至適薬物療法を受ける安定狭心症患者におけるPCI vs プラセボ手技: ORBITA試験

ORBITA試験より、至適薬物療法を開始し、PCIを受けた安定狭心症患者における6週間後の運動時間の変化は、プラセボ手技を受けた患者と差がなかったことが、イギリス、Imperial College LondonのRasha Al-Lamee氏により、TCT 2017のLate-Breaking Clinical Trialsセッションで発表された。