カテーテルアブレーションを受ける日本人の心房細動患者における最小限のダビガトラン中断 vs ワルファリン継続: ABRIDGE-J試験

ABRIDGE-J試験より、非弁膜症性心房細動によりアブレーションを受ける患者において、ダビガトランの中断を最小限にした抗凝固療法は、ワルファリンの継続と比較し、出血合併症の割合が有意に低いことが、筑波大学の野上昭彦氏により、AHA Scientific Sessions 2017のLate Breaking Scienceセッションで発表された。