日本人の安定冠動脈疾患患者における高用量のピタバスタチン治療: REAL-CAD試験

REAL-CAD試験より、日本人の安定冠動脈疾患患者において、高用量(4mg/日)のピタバスタチンによる治療は、低用量(1mg/日)による治療と比較し有意に心血管イベントを減少させたことが、京都大学の木村剛氏により、AHA Scientific Sessions 2017のLate Breaking Scienceセッションで発表された。