小径の大腿膝窩動脈病変に対するバルーン形成術 vs ステント留置: REAL-FP試験

REAL-FP試験より、≦4.0mmの小径の大腿膝窩動脈病変に対するバルーン単独での治療成功後3年の一次開存率は、ステント留置後よりも高かったことが、Kokura Memorial HospitalのNorihiko Kamioka氏らにより、11月1日号のCatheterization and Cardiovascular Interventions誌で報告された。