糖尿病患者におけるFFRによるdefer後の病変failureに関連する因子

FFR>0.80の病変を有する糖尿病患者において、インスリンを必要とする糖尿病と血行再建歴がdefer 後の病変 failure(DLF)の予測因子であったことが、オランダ、Isala HartcentrumのMark W. Kennedy氏らにより、12月1日号のCatheterization and Cardiovascular Interventions誌で報告された。