日本人患者におけるロータブレータ使用の臨床背景と長期成績: J2T多施設レジストリー

J2T多施設レジストリーより、日本人の冠動脈疾患患者において、石灰化病変に対するロータブレータによる治療の手技成功率は高いものの、その後のMACEの割合は高いことが、Juntendo University School of MedicineのIwao Okai氏らにより、2月号のCirculation Journal誌で報告された。