多枝冠動脈疾患患者におけるハイブリッド血行再建術: NCDR CathPCIレジストリーより

NCDR CathPCIレジストリーより、多枝冠動脈疾患患者においてPCIとCABGを組み合わせたハイブリッド血行再建術が選択される頻度は低く、ベースラインを補整後、PCIのみで治療された患者と院内死亡率に差はなかったことが、アメリカ、Duke UniversityのAlexander C. Fanaroff氏により、ACC.18のModerated Posterセッションで発表された。