PAD患者におけるアスピリンとエドキサバン、又はクロピドグレルの併用: ePAD試験

ePAD試験より、EVTを受けた患者において、アスピリンとエドキサバン、又はクロピドグレルの併用による治療で大出血と生命を脅かす出血のリスクは同等であり、再狭窄/再閉塞の割合にも有意差はなかったことが、オランダ、University Medical Center UtrechtのFrans Moll氏らにより、4月号のJournal of Endovascular Therapy誌で報告された。