大腿膝窩動脈の閉塞病変に対する長いバルーン vs 短いバルーンによる形成術後の解離

大腿膝窩動脈の閉塞病変に対するバルーン形成術において、長いバルーンの使用は短いバルーンと比較して造影上の重度の血管解離の発生率が低いことが、Cardiovascular Center Tokeidai Memorial HospitalのMichinao Tan氏らにより、4月号のJournal of Endovascular Therapy誌で報告された。