虚血性足潰瘍患者におけるBK-EVT成功後の創傷治癒遅延の予測因子

足に潰瘍を有する重症虚血肢(CLI)患者において、膝下動脈の血管内治療(BK-EVT)後の創傷治癒不良の予測因子として、全身状態と様々な患肢の状態が確認されたことが、中国、Shanghai Tenth People’s HospitalのSushant Kumar Das氏らにより、4月号のJournal of Vascular Surgery誌で報告された。