第46回日本血管外科学会学術総会: 浅大腿動脈病変に対する治療戦略とエビデンス

SFA領域では高度石灰化病変や複雑病変に対してはバイパス術が第1選択とされるものの、EVTが血行再建術の主流となってきている今日において、最新の研究結果や治療戦略に対する見解が発表された。