PCI後の心房細動に対する抗凝固薬+単剤、又は2剤の抗血小板薬: メタ解析

PCI後の心房細動患者において、無作為試験のメタ解析からは、経口抗凝固薬(OAC)+単剤の抗血小板薬(SAP)は、OAC+2剤の抗血小板薬療法(DAPT)と比べて安全性が高く、一方で、観察研究のメタ解析からはMIのリスクが高いことが、アメリカ、Guthrie Health System/Robert Packer HospitalのSafi U. Khan氏らにより、5月15日号のThe American Journal of Cardiology誌で報告された。