MitraClipによる僧帽弁修復術を受けた患者の早期と遠隔期の再入院

MitraClip留置後の再入院は約28%の患者に認められ、早期の再入院は、遠隔期の再入院と比較し予後が不良であったことが、イタリア、University of CataniaのCarmelo Grasso氏らにより、5月15日号のThe American Journal of Cardiology誌で報告された。