冠動脈のDESの再狭窄病変に対するDCB vs EES: RIBS Ⅳ試験

RIBS Ⅳ試験より、冠動脈のDESの再狭窄病変に対し、エベロリムス溶出ステント(EES)による治療は薬剤コーティッドバルーン(DCB)と比較して、3年のTLRの割合が有意に低いことが、スペイン、Hospital Universitario de La PrincesaのFernando Alfonso氏らにより、5月28日号のJACC: Cardiovascular Interventions誌で報告された。