ハイリスクの僧帽弁閉鎖不全症患者におけるMitraClip vs 外科的手術 vs 保存療法

ハイリスクの僧帽弁閉鎖不全症患者において、MitraClipによる治療後5年の補整死亡リスクは、外科的手術と同等であり、保存療法と比べて低かったことが、オランダ、St. Antonius HospitalのFriso Kortlandt氏らにより、6月号のCirculation: Cardiovascular Interventions誌で報告された。