日本とヨーロッパの実臨床のPCIにおける血管内イメージングの使用状況: EAPCIとCVITの調査より

EAPCIとCVITによる調査より、実臨床のPCIにおける血管内イメージングの使用率は比較的高く、ヨーロッパと比較して日本では使用頻度が顕著に高かったことが、スイス、Bern University HospitalのKonstantinos C. Koskinas氏らにより、7月号のEuroIntervention誌で報告された。