PMDAがTAVR用生体弁の適正使用について通知

2018年7月: 医薬品医療機器総合機構(PMDA)は、2018年7月付で「経カテーテル的大動脈弁留置術用生体弁使用による有害事象について」通知し、TAVR用生体弁を特定の条件等で使用した際に重篤な有害事象が発生した事例を報告した。