IVUSと血管内視鏡による冠動脈CTOのプラーク構成要素評価

IVUSと血管内視鏡の併用は生体内の冠動脈CTOの病変形態とプラーク構成の解析に有用である可能性が示されたことが、Yokosuka Kyosai HospitalのShigeki Kimura氏らにより、8月号のCirculation Journal誌で報告された。