DESが適さない冠動脈病変に対するDCBによる治療後の臨床成績

ステント留置に適さず、至適なlesion preparationが行えた病変に対する薬剤コーティッドバルーン(DCB)を用いたステントレスPCI後の8ヶ月の臨床由来のTLRの割合は7.0%であったことが、Toho University School of Medicine, Ohashi Medical CenterのRaisuke Iijima氏らにより、8月号のCirculation Journal誌で報告された。