左心耳閉鎖術後のデバイス関連の血栓症

4つの研究より、Watchmanデバイスを使用して左心耳閉鎖術を受けた患者において、デバイス関連の血栓症(DRT)は約3.7%に認められ、それらの患者において脳卒中/全身性塞栓症(SSE)の発症率は高かったことが、アメリカ、Icahn School of Medicine at Mount SinaiのSrinivas R. Dukkipati氏らにより、8月28日号のCirculation誌で報告された。